吹き抜けに縦型ブラインド「傾斜窓タイプ」に取付事例

最近の施工事例から

5月に入ると、日差しが強い日が多くなってきましたが。

ご依頼が増えてくるのが「吹き抜け・高所窓・天窓からの日差しを遮りたい。」
取り付けはロールスクリーンや縦型ブラインド・ハニカムシェードでしょうか。

窓の形状や高さによってオススメは異なりますが、吹き抜けと一緒に掃き出しも取付しました。

どちらも縦型ブラインドですが、吹き抜けの形状は台形なので「傾斜窓タイプ」。掃き出しは標準タイプで、2種類の生地(ドレープ+レース)がセットされたセンターレーススタイル。

吹き抜けは、足場架設をするほど高くなかったので脚立で行いました。

mur-tei-2.jpg

ヘッドレールに1枚ずつルーバー(羽根)を引っ掛けていきます。
mur-tei-3.jpg

最後に、下部にスペーサーコード(紐)を取り付けます。
mur-tei-4.jpg

いかがでしょうか?
ルーバーの向きは、回転操作棒で変えます。
mur-6.jpg

高い位置に取り付けた場合、回転棒はこのようにジョイントして手元に届く位置まで伸ばします。
kaiten-sousabou.jpg

ルーバーを回転させると、このように光の調整ができます。
mur-tei-5.jpg

掃き出しも縦型ブラインドですが、同じ生地を使ったセンターレーススタイル。
ドレープ生地とレース生地が交互に配置されています。
日中はレース生地を全開に、夜はドレープ生地を全開に。

このレース生地は、遮熱・UVカット・ミラーレースの機能が付いています。
mur-tei-1.jpg

製品はニチベイの縦型ブラインド「アルペジオ」
傾斜窓:
傾斜窓タイプ 100mm幅
フェスタⅡ A7764 ミルキーホワイト

掃き出し窓
標準タイプ センターレールスタイル ループコード式
ドレープ生地 フェスタⅡ
センターレース生地 2341(ミラーレース・UVカット・遮熱)ホワイト

開口部がワイドな窓には、縦型ブラインドがおススメですね。
特に掃き出しには、使い勝手の良い縦型ブラインドがよろしいかと。

ロールスクリーンや縦型ブラインドには、省エネ機能の製品が多数揃っています。
詳しくはHPの縦型ブラインドのページをご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント