傾斜窓に傾斜窓タイプの縦型ブラインド取付事例

5月になると日差しが強くなってきました。
天窓や吹き抜けに遮熱タイプのブラインドやスクリーン取付のお問い合わせが増えてきました。

ではでは、最近の施工事例から。
高所吹き抜けに縦型ブラインドを取付しました。
施工前の窓です。
あまりにも暑いので、簡易的にパネルを設置していらっしゃいました。
aya-1.jpg

今回、取り付けしたのはニチベイの縦型ブラインド”アルペジオ”の”NBグラス遮熱”。
強い日差しを遮るため遮熱タイプのブラインドです。
さらに、遮光1級の機能も備えた製品で省エネ効果には最適ですね。

「窓からの強い日差しで暑いし、まぶしいので暗くしたい。」
そんなあなたにオススメ。
aya-2.jpg

ご覧のように窓は傾斜になっておりますので、取付できる製品は限られます。
省エネの効果や使い勝手の良さでいうと、縦型ブラインドがよろしいかと。
さらに、見た目もおしゃれ。
aya-3.jpg

傾斜タイプはレールとルーバー(羽根)の間が広く空きます。
aya-4.jpg

アップしてみました。
傾斜の構造上このように隙間が空きます。
aya-5.jpg

下にはバランスウェイト。
すべてのルーバー(羽根)をスペーサーコード(紐)でバラツキしないように繋いでいます。
aya-6.jpg

ルーバー(羽根)閉めた状態。
外からは見えませんが、枠内に取付しますので窓枠から多少の光漏れはあります。
aya-7.jpg

ルーバーを開けた状態。
aya-10.jpg

取付完了。
aya-9.jpg

いかがでしょうか。
傾斜窓も縦型ブラインドはスッキリとした納まりになります。

NBグラス遮熱については、HPの遮熱タイプの縦型ブラインドに載せてイいますのでご覧ください。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント